赤ニキビが発症するまでの進行プロセス

赤ニキビが発症するまでの進行プロセス

ニキビというのはある日突然できるイメージがありますが、実際は表面化する前から毛穴のなかで少しずつ育っていて、それが花開く感じなんですね。


大人ニキビはストレスや睡眠不足、肌の乾燥などの影響で肌のターンオーバーが乱れてしまって毛穴詰まりが起こることがすべてのはじまりです。


毛穴の出口が塞がってしまうことで毛穴のなかに皮脂がたまってくると、そこに皮脂をエサにするアクネ菌が集まって増殖しはじめます。 この増殖したアクネ菌の代謝物が生成する遊離脂肪酸や活性酸素に白血球が絡んでくることで一気に毛穴内部で炎症が引き起こされてしまうんです。


毛穴詰まりから炎症を起こしてしまうまでにはタイムラグがありますから、この間に治してしまうというのがニキビケアでは一番重要なことです。 もっというと毛穴詰まりさえ作らせないスキンケアを行うことがニキビケアの理想形といってもいいかもしれません。


睡眠不足が続いたり、甘いものをよく食べているとき、女性であれば生理前などは毛穴詰まりができやすくなるときです。 最近ちょっと生活が不規則で食生活が偏っていると感じているなら毛穴のなかでニキビが育っている可能性があります。注意するようにしてください。

ニキビの炎症ひどいのは体質が左右している!?

ニキビの炎症ひどいのは体質が左右している!? ニキビができるといっても白い毛穴詰まりが鼻の下や顎に1つか2つできるという人もいれば、 頬やフェイスラインにかけての広い範囲に炎症を起こしたニキビができる人がいます。


この差を生むものは何かというと体質です。炎症を引き起こすのは白血球などの免疫反応によるものですが、この免疫反応が過剰だと必要以上に炎症反応が強く出る傾向にあります。


・アレルギー体質の人
・腸内環境が悪化している
・その他遺伝的にニキビの悪化素因を持つ人


欧米人などは肉・乳製品を多く食べることもあると思いますが、遺伝的にニキビの悪化素因を持っている人が多いそうで、日本人よりもずっとニキビが悪化しやすいんだとか。 欧米のニキビ治療や日本より進んでおり、ニキビケア化粧品や治療薬に強烈なものが多いのもそういう理由があるからです。


体質的にニキビができやすく悪化しやすい人は、それこそ皮膚科の先生と二人三脚で治療に当たったほうがいいですが、 腸内環境が悪玉菌優勢の環境だったり、オメガ6系脂肪酸の摂取が過剰になっていると炎症が促進されやすくなります。


野菜や魚を食べる機会が減り、肉や動物性の乳製品を多く食べるようになってから日本人のニキビも悪化しだしたといわれていますから ニキビができやすく悪化しやすい人は食生活を劇的に変えたほうがいいかもしれません。


ニキビができてしまったら、、 ニキビをキレイ治す治療薬&コスメ
Copyright © 2014 赤い炎症ニキビを治す方法~早くキレイになる治療薬&コスメ· All Rights Reserved·