赤く腫れて炎症を起こすまでに重症化....

赤く腫れて炎症を起こすまでに重症化....

毛穴の中に溜まった皮脂をエサにアクネ菌が異常増殖して、なおかつ活性酸素の刺激も加わることで皮膚が炎症をおこして赤く腫れあがってしまっているのが赤くて痛いニキビの正体です。


こうなってしまったら抗炎症作用や殺菌効果のあるニキビ治療薬を使ってケアすることが必要で、できるだけ早く炎症を鎮めないといけません。


ニキビ1つ1つが大きく目立つこともあって、気になって触ってしまったり、場合によっては潰してしまう人もいると思うんですが、 それは絶対NG。むやみに刺激を与えると余計にひどくなって、ニキビが化膿し、クレーター状のニキビ跡が残る危険性がでてきます。


そのため赤い炎症ニキビに気づいたら薬局か皮膚科に行って、抗炎症作用と殺菌効果の塗り薬や薬用クリーム、症状によっては抗生物質をもらって治療するようにしましょう。 炎症が長引けばそれだけ毛穴周辺の皮膚組織が破壊されてしまうのでニキビ痕も残りやすくなります。


最悪、凸凹の陥没したクレーター状のニキビ跡ができるとこれは今の最新の美容技術でも完璧にキレイに元も戻すことはできません。 「あのときちゃんと治療しておけばよかった...」と後悔だけはしたくないと思うのできちんと医薬品を使ってケアするようにしましょう。

赤い炎症ニキビに効果のあるニキビ治療薬って何があるの?

赤い炎症ニキビに効果のあるニキビ治療薬って何があるの? できれば皮膚科に行ったほうがいいんですが、時間の余裕がないとか行きたくないという人もいると思います。 そういう人は市販されている消炎・殺菌効果のあるニキビ治療薬を使いましょう。


・ペアアクネクリームW
・メンソレータムアクネージアメディカルクリーム
・アポスティークリーム
・オロナインH軟膏


といったあたりが定番でなおかつ手に入れやすいニキビ薬です。薬剤師と相談しながら自分の症状に合ったものを選びましょう。


ニキビに使う薬に関しては、目薬のバイシンが効くとか消毒液のマキロンがいいとか痔の薬のボラギノールが効くといった様々な怪しい噂がありますが、 消炎作用や殺菌効果があればなんでもいいというものではありません。というか医薬品は用途以外には使わないほうがいいです。


変なものをニキビに塗って炎症を悪化させてしまったら元も子もないのでニキビ跡を残さないためにもニキビ専用のちゃんとした治療薬を使って寄り道することなく一刻も早くケアするようにしましょう。

皮膚科での赤い炎症ニキビに対する治療は?

皮膚科での赤い炎症ニキビに対する治療は?の治療は? 皮膚科で処方してもらえる抗生物質入りのニキビ治療薬と市販のニキビ治療薬を比べると皮膚科で処方してもらえるニキビ治療薬のほうが効きます。


その人のニキビの状態や炎症具合によって治療薬を選んでもらえるので当たり前といえば当たり前ですけどね。


・ルリッド
・ミノマイシン
・ダラシンTゲル
・アクアチムクリーム


このあたりが赤い炎症を起こしたニキビに処方されるニキビ治療薬で抗生物質です。 ニキビは尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という皮膚の病気という扱いなので内服薬や外用薬には保険が効きます。経済的に負担になることはないでしょう。


美容皮膚科などの場合は抗生物質の塗り薬や飲み薬のほかにビタミンCのイオン導入やケミカルピーリング、フラクショナルレーザーといった保険適応外の治療も充実していて皮膚科に比べてキレイに治すことができるのが特徴です。

赤く炎症したニキビは、赤み・黒ずみといったニキビ跡が残りやすい....

赤く腫れたニキビは、赤みや黒ずみといったニキビ跡が残りやすい.... 炎症がひどかったり、長引くと毛穴の皮膚組織にそれだけダメージが残るのでニキビ跡ができてしまうことがあります。


赤い斑点が残ったニキビ跡というのは毛細血管が破壊されて血の色が残ったもので、黒いシミは活性酸素に対抗するために生成されたメラニンが沈着してしまったものです。


クレーター状の凸凹が残った「ニキビ痕」を治すのは最新の美容医療でも難しいんですが、 色素沈着系の赤みや黒いシミになったニキビ跡であればビタミンC美容液でスキンケアすれば消せます。


・強い抗酸化作用があり、炎症を悪化させる活性酸素を除去する
・赤み、シミといった色素沈着を淡色化する還元作用がある
・炎症で弱った肌の免疫力を高めてニキビを繰り返させない


以上のような効果のあるビタミンCをニキビ治療薬と一緒に使うことで「ニキビの炎症を防ぎ、ニキビ跡になるのを防ぎつつ、改善もできる」という相乗効果が期待できます。 また、ニキビ治療薬ではカバーできないニキビが繰り返さないように肌環境を整える作用もあるのでニキビケアにビタミンCは必須の有効成分といえるんですね。


ただ、ビタミンCは浸透しにくいうえ壊れやすいという問題があるので、ビタミンC美容液は『高濃度&高浸透&安定化』の3拍子揃ったものを選ぶことが大事です。 おすすめは独自の浸透テクノロジー「QuSome」でピュアビタミンCを肌に浸透させるビーグレンの「Cセラム」。


即効でニキビ・ニキビ跡が目立たなくなると評判の高濃度ビタミンC美容液です。


ニキビ跡を改善し、繰り返さない ビーグレンの「Cセラム」の詳細!
Copyright © 2014 赤い炎症ニキビを治す方法~早くキレイになる治療薬&コスメ· All Rights Reserved·